IMG_6535

・・懐かしい思い出です

かつて日本で働いていた頃、仕事の関係で安く手に入れることができたので、
調子にのって購入した時の写真です。
年数回の社割での大人買い、この為にワインセラーも買いました。
ワインセラーは現在カナダでも大活躍中だからgood choiceだったなー

このワイン達の中でも、ルイナール (Ruinart)のシャンパンはお気に入りの一本です
形も色も味も全て私好み。

カナダだとなぜかシャンパンが高くて買えません。

なぜだろう、、

そもそも、カナダではお酒に関する法律は州ごとに定められています。  

私がカナダに住んで間もない頃にどうしても慣れなかった事のひとつが、
好きな時に好きな場所でお酒を買うことができないことでした。
コンビニや自動販売機で24時間購入可能な日本がいかに便利だったかを実感しました。

オンタリオ州では州政府の専売で、
基本的には州政府が管理している次の酒屋で購入することができます。

lcbo

beer store (1)

wine rack (1)

しかし、2018年4月から州の法律が緩和されて、
LCBOから許可を得たお店に限り一部販売可能になりました。

日々の食料品の買い物時に一緒に缶ビールなども買える様になったのはとっても便利。

さて、私の一番好きなシャンパンをトロントで購入するなら、、、??

LCBOの中でも私のおすすめ店舗をご紹介します。

どこも同じじゃないの?と思われるかもしれませんが、
お店ごとに品揃えが異なっていてお店の雰囲気も個性があると私は思います。

そして、YONGE & SUMMERHILLにある店舗はマイベストです!

summerhill-exterior

10 Scrivener Square, Toronto, ON M4W 3Y9

まず、品揃えがすごく豊富です。

とてもじゃないけど手が出せないヴィンテージも沢山ディスプレイされているので、
まるでお酒のミュージアムのようです

外観も素敵なのには秘密があります。

こちらはかつて1915年から1930年の間、トロントのユニオン駅(日本で言う東京駅)だったのです。
店内奥に進むと広々とした天井が13メートル以上もある高いホールがあり、
そこはかつて駅の待合場所で、
その他にも注意して店内を歩くと、ワインが陳列されている後方が改札口だったりと、
かつて駅だった歴史を垣間見ることができます。

こちらに詳しい記事が掲載されていました。

ワインやドラフトビールの試飲コーナーもあります。

料理とのマリアージュを楽しんでもらうためのパーティ会場も併設されていて、
有名シェフによる料理教室やソムリエによる講習会が行われたり。


見どころ満載で、勉強にもなるので是非覗いてみてください


私が次にシャンパンを飲めるのはいつかな。。

今日はクリスマスイヴですね。
大切な方と素敵な時間をお過ごしください。

IMG_1934


ブログランキングに参加中です。クリックお願いします(^^)/

カナダ(海外生活・情報)ランキング