IMG_6756
ウィスキーがお好きでしょ
日本は今も流行っているのでしょうか、ウィスキーとソーダ水で作るハイボール。

テレビのコマーシャルで見る、
揚げたての唐揚げとレモンをきゅっと絞ったハイボールはとっても魅力的で、
ビールと同じ頻度で、しゅわっとしたい時によく飲んでいました。
確かに揚げ物とよく合うハイボール、
と言うことは、カナダのパブフードにピッタリってことですよね

カナダのファーストフード的なプティーンスポーツバーには欠かせないチキンウィングとハイボールとの組み合わせ、外食先で探す前に、家飲みで定着してきました

ウィスキーと言えばカナダ産という方がいらっしゃったら嬉しいです。
残念ながら、そこまでの認知度はないように感じますが、

実は、
世界のウィスキー五大生産地として、
日本、スコットランド、アメリカ、アイルランドと並んで数えられるカナディアンウィスキー

アイリッシュウィスキーは酒質が軽いことが特徴ですが、
カナダ産はさらにライトでマイルドなので、飲みやすい事から人気が上がっているようです

カナダの法律で定められた次の条件をクリアしたものだけが、「カナダウイスキー」として認められています。
1. とうもろこしやライ麦などの穀類のみを原料に発酵を行うこと
2. 麦芽の持つデンプン分解酵素によって糖化したあと、酵母を使って発酵させる
3. カナダ国内で蒸留し、容量180リットル以下の樽を用いて最低でも3年以上カナダ国内で熟成を行ったもの

うーん、奥が深い

種類はと言うと、
カナディアンクラブ- Canadian Club -
 ※CCの名称で有名ですね。

bottle_maple
ちょっと変わりどころで、メープルのアロマが香るCCのウィスキーはお土産に受けそう






まだまだ、あります。

オンタリオ州の酒屋LCBOへ行くと、今まではワイン(特にスパークリング)コーナー直行だったのですが、たまに方向を変えてウィスキーコーナーへ。
canadian whisky
ウィスキーエリアにはカナディアンウィスキーのコーナーが広く設置されていて、想像以上の種類にビックリしました
選ぶのも容易ではありません。これは一本ずつ順番に試さないと。
ワインの消費量を減らしてバランスを考えなければ。。
canadian whisky 2

さて、今回は王冠がとってもかわいいクラウンローヤルでハイボールを
crawn
ちょっと香り豊かなのでハイボールだともったいないかもしれません。
次回は日本でも飲んでいたCCで作ろうと思っています

ハイボールで欠かせない炭酸水、我が家のお勧めはこちら
soda streamer

自宅でいつでも好きな時にフレッシュな炭酸水を作れるソーダマシン

Soda Stream Canada

炭酸水ペットボトルのゴミを抑えることができて環境保護に貢献できます。
また、専用のシロップや自家製ジンジャーエールなど糖分を調整してジュースも作れるのでヘルシーです。
そして、作り方はとっても簡単
専用容器に飲料水を入れて、好みの炭酸量に合わせて機械をプッシュするだけ。
炭酸が入っている専用ボンベは使う量にもよりますが、我が家は1年で3本程度のペースです。
空になったら取扱店(我が家はカナディアンタイヤ)で新しいボンベと交換 (割安で!) してくれます。

我が家のハイボールは、炭酸水とカナダドライ(カナダのジンジャーエール)
IMG-7537
を半々に入れて、レモンは結構絞って、ウィスキーも2ショットは入れます。

夏場にかなりの頻度で行う週末恒例のおうちBBQ、
お供には、このハイボールがとても良く合います。
highball

お酒を飲まない方は、炭酸水でオリジナルソーダを作ったりして。
フルーツも入れちゃってください。

奥が深いカナディアンウィスキー、
是非、おうちハイボールを試してみてください。

サントリーのCMが懐かしいなぁ

☆ブログランキングに参加中です。どちらかにクリックお願いします(^^)/

カナダ(海外生活・情報)ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村