イベント続きでちょっとご無沙汰しています
皆さん3月をいかがお過ごしですか
以前トロントでおすすめのタパス料理を楽しめるレストラン・バーをご紹介しましたが、

bar raval

あれからもっと開拓すべくネットやフリーペーパーで調査を重ね、
今回ようやく第二弾のご紹介です

東京に数多くあるようなタパス系居酒屋はトロントではあまり見かけません。
私がタパス料理を好きな理由は、
一品一品が小皿料理で沢山種類を楽しめること
お肉、お野菜と同様に魚介類のバラエティが豊富
冷製 (イベリコ豚の生ハムとか) 温製 (アヒージョが有名ですね) どちらもワインに合う!

からです。

タパスと言っても、今回ご紹介するお店はお洒落で安易に行ける値段ではないので、特別な時(special occasion) にお邪魔しました。

今回は私の誕生日

堂々と行けちゃう理由です。

CAVA

場所は地下鉄ライン1のセントクレア (St Clair) 駅を降りてヤング沿いを5分ほど北に上がったところ。ヤング通り沿いにある小さなコンプレックス内にひっそりと店を構えていて、看板を意識して探さないと見逃します。

店内は一転、落ち着いたモダンな雰囲気で4人テーブルが多く、また、ソファー席等ゆったり過ごしてもらいたいお店側の思いを感じます。
IMG_E7786
店内カウンターの様子

メニューはシンプルで分かり易く (スペイン語の料理名だったけど。。) 、こちらナプキンの上に置かれている見開き1ページ内に数種類ずつ収まっています。
IMG_E7784

その代わりに、ワインリストは何ページにも続きました
グラスワインは40種類以上、ボトルワインは200種類以上の品揃えとのこと

もちろん大好きなCAVA (スペイン産の辛口スパークリングワイン) をいただくつもりで、でも、リーズナブルなボトルは売り切れていてCA$150-から。。
諦めて、CA$90‐ほどのロゼのスパークリングにしましたが、
辛口でしっかりとした味で魚介系に良く合うワインだったので大満足でした

では、順番に食べたものを (どれも美味しかったので) 全てお伝えすると、

アーティチョークと小魚のレモンマリネ
IMG_E7793
アーティチョークのやわらかさと塩加減でお店の質が分かります。
フレッシュなアーティチョークはトロントのスーパーで売られていることも多いので、家で作れるように研究したいな

3種類のピンチョス (ムール貝のマリネとバター、イワシのアンチョビ、オニオンとロメスコソース)
IMG_E7798

を試して、

しし唐の素揚げは自然の味でレモンを絞って口休めにいただきます。
IMG_E7801

折角なのでおすすめのチーズとシャルキュトリ (charcuterie) を追加で。
IMG_E7806

※ちなみに、シャルキュトリ (charcuterie)とは、、
食肉加工品全般の総称
具体的には、ハム、ソーセージ、パテ、テリーヌなどのことを指します。

メインはサバのグリル (Grilled Mackerel)
IMG_E7803
定番ですね。どうしてお店で食べるとお洒落で高級な味になるんだろう。。
日本では安く手に入る魚だからイメージが異なっていました。

それと、子牛のSweetbreads 

Sweetbread、、、聞きなれない名前で連想させるのは甘いパン。そのまま訳しました。
しかし、運ばれてきたのはこちら
名前と異なる外見です。
IMG_E7808

まずは一口いただくことに。
すると、とてもやわらかくて(白子のように)、でも子牛の肉とも言えない風味とふわっと軽い弾力があり、癖になる味だったのでその場でググってみたら、、、

シビレ (英: sweetbread) とは、
ウシ、ヒツジ、ブタなどの胸腺や膵臓を意味する料理用語でした

要するに、子牛のホルモンです!!
ホルモンも白子も大好きな私には、めっちゃヒットしました

また一つお勉強になりました。

個々のお料理は、”お酒に合うように強い味付けがされている” 訳ではなく、一つ一つ素材の味が活かされていて大満足でした。

普段はデザートよりチーズ派ですが、イベントを兼ねていたのでスペイン伝統ケーキとチュロス
IMG_E7815
この写真の右端をよく見てください※写真が分かりにくくてゴメンナサイ。
お店一つ一つのテーブルにちょっとしたがあったのは、
そこに棒を刺してチュロスが詰まった袋を立てる為だったのです

きっとスペインでは珍しくないのでしょう。
フレンチフライも同様にサーブされる様です。お洒落でした

気分も上がり、スペイン南部のお酒シェリー酒までいただきましたが、カナダのアイスワインを思い出す熟成された芳醇なお酒でした。
あのアロマは心にも効きますね。とっても幸せな気持ちになります

家飲み用に一本シェリー酒があれば家の中が穏やかになるかも

家庭の雰囲気づくりの為にも、
LCBO (種類がずば抜けて充実しているサマーヒル店) に行かないと

☆ブログランキングに参加中です。どちらかにクリックお願いします(^^)/

カナダ(海外生活・情報)ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村