クリスマスまで一ヶ月カウントダウンがはじまりました
クリスマスが過ぎると年末年始、もうそんな時期なんですね
海の幸が美味しい季節、ホリデーディナーに映える食べ物と言ったら海の宝石イクラ
魚卵好きとしては、ウニとイクラはベストコンビです

お陰様で、ウニはこちらのお店でいつも新鮮&安価に購入できるようになりました。

週末に行くと売り切れていることも多く、その度にショックを受けつつ、その時は生牡蠣の種類が増えます


そして、最近イクラを購入できるところを教えてもらったんです。
ロシアに住んでいたことがある素敵なご家族から、ロシアを中心とした東欧の食材が揃う東欧系スーパーマーケットで比較的安価にイクラが購入できるよと。
確かに海の幸が豊富なロシアをはじめ東ヨーロッパなら、キャビアやイクラは親しみあるはず
トロントの過半数が移民者だと言われるだけあって、先日のイタリアンマーケット(マーケットを超えてました!)EATALYもそうだし

母国の食文化も一緒に連れて来れるところが、柔軟なカナダの良いところです。
日本の伝統的な健康食品、寒天の魅力を広める活動をしている私も、日本の食文化を連れてきています。Kanten Canadaも引き続き頑張ります!

IMG_5222

Yummy Market

美味しいイクラが買えると噂のお店は、可愛らしい名前でした
場所はFinch Ave.とDufferin St.。
今まで車で通ることはあってもカナディアン・タイヤ位しか魅力的なお店はないと思って素通りしていました。
IMG_5224

恐る恐るお店に入ると、ロシア系の人たちがいっぱい
店員さんともロシア語で話しながら、チーズやサラミ系、お惣菜を注文していて、今までにない雰囲気に結構興奮して、写真撮りまくってました。
だって、このチーズのセレクションすごいと思いませんか
IMG_5227
IMG_5926
ソーセージ、サラミやハムも、量り売りで見たことない物も沢山並んでいました。IMG_5229
この生魚の塩漬けを見た時は、東欧料理ってまだ知らないことばかりだと実感し、
IMG_5230
以前、セントローレンス・マーケットでハンガリー料理の美味しさを初めて知った所だったので、

身近で色々試せるこの環境に感謝しながら、少しずつ開拓したいと思います。

肝心のイクラ
お総菜コーナーでキラキラと存在感を見せつけていました
IMG_5929
その他の種類豊富なお惣菜もとってもカラフルで、デパ地下を久しぶりに思い出しました。
IMG_5234
IMG_5235

どこのコーナーよりも人が沢山だったお総菜コーナーで注文する際は、
順番待ちの発券番号を機械から取り、番号が呼ばれるまで周辺で待ちます。
IMG_5933

お店には2種類のイクラが3つの容器に入っていたので、
自分の番号が呼ばれたら早速違いを聞いてみると、直ぐに小さなスプーンで試食をさせてくれました。
IMG_5928
値段が高い方は早々に諦め、同じ値段のwild pink salmon cavierを二種類食べ比べると、
塩分の効き方が違っていました。ちゃんとしたイクラです♡
周りの人も同じく塩分少な目を選んでいたので、日本人と似た味覚なんだな~と思いつつ、100g約14ドルで20ドルちょっと分お願いしました。
その場ではもらえません。名前を伝えると殻の入れ物を渡されるので、会計時にレジで交換します。
キャビアの様にイクラも高級品なんですね

お家でイクラおろしをしました。気分は急に年末年始です
トロントで過ごす予定の年末、イクラと熱燗もいいかも。
IMG_5936

Yummy Marketには、それ以外も量り売りのお菓子コーナーがあって、
どのお菓子も目新しいものばかりなので、一個ずつ味を試してみたくなりました。
IMG_5245
IMG_5244
自分のアレンジ次第できっとお洒落なケーキになれる、大きなウェハースも
IMG_5930

そして、入り口横にはリカーストアも隣接されているので、東欧ビールも手に入りますよ!
IMG_5246
IMG_5247

これから開拓予定の東欧系マーケットYummy Market、また少し日々の食生活が潤いそうです。
イクラ以外もおすすめしたい品に出会えたら、またブログでご紹介しますね


☆ブログランキングに参加中です。どちらかにクリックお願いします(^^)/


カナダ(海外生活・情報)ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

★☆レストラン/バー、観光スポットの案内・予約★☆
★☆カナダ旅行・生活に関するご相談..etc★☆
こちらまでお気軽にお問い合わせください(^^)
=>> canadasantelife@gmail.com

☆☆食物繊維80%‼ ローカロリーでアレルギー制限もない
安心安全な植物性の寒天を
カナダ生活でも取り入れてみませんか?☆☆
詳しくはKANTEN CANADAにて。
glyph-logo_20x20f-ogo20x20@kantencanada