徐々に秋風を感じる様になったトロントからお届けしているカナダ情報ブログ、

今日はプリンス・エドワード・カウンティ(Prince Edward County=PEC)旅行・アクティビティ編をご紹介します。



※連載の記事はこちらから。


ワイナリーやブルーワリー巡りをしながら半島をのんびりと回るのも楽しいですが、夏だけの特権ウォーターアクティビティも是非取り入れましょう。

PECにはオンタリオ湖に面して金色の砂丘が広がる美しいビーチがあります。


Sandbanks Provincial Park (サンドバンクス州立公園)

 IMG_2816


淡水湖に面した砂丘としては世界最大の規模でカナダの中でもこの景色は中々目にすることはありません
この州立公園への入場には車一台につき15ドルの入場料がかかります。
しかし、今回はその入場料がかからずに!別ルートから訪れることが出来ました。
モーターボートをレンタルして水上から攻めたんです
レンタルしたボートはこちら!

 IMG_3819

Pontoon Boat
ゴムボードの上にクルーザー仕様の座席が搭載されていてリラックスした水上でのひと時を楽しめる船です。10人~19人乗りまであるのでボート内は結構広くて快適。
モーター付きでスピードも十分出るのでスリルあるアトラクションに乗っている気分を皆で味わえます。


 IMG_3847

運転手次第では水しぶきを浴びて皆でキャーキャーすることも♪
私達の運転担当はプロだったので安心しっかり楽しませてくれました。
ちなみにこちらのボートだとライセンスは不必要。
はじめに簡単な説明(レッスン)を受ければ運転することが出来るんです。

IMG_3826

 

唯一、懸念していたのが船酔い…
海釣りでの痛い思い出があったので、どれだけ耐えられるかと心配していましたが全然酔いませんでした
安定感あるフラットボートで波のない湖の上を飛ばす分には酔いの心配はいらないんですね~
カナダは湖の宝庫だから、これを知ったらよりカナダの夏がより楽しくなりそう。
湖はちょっと冷たいけど綺麗な水なので海水の様なベタベタ感もないし来年は泳ごうかな♪

そうこうしている間に見えてきたのが砂丘。
陸から行ったら15ドルかかる(強調し過ぎ?)サンドバンクス州立公園の一部です。

IMG_3839[1]
 IMG_3840[1]

砂浜のビーチでは、テントを張ってくつろぐ方や水遊びをする家族連れで賑わっていました。
とは言ってもリゾート地のビーチとは異なってピーク時でも人でごった返すことはないでしょう。
自然の中にひっそりと構えるビーチです

 
IMG_3904

※写真左が我々の船

ひと気を避けてビーチ近くにボートを止めたら、裸足で砂丘を駆け上がりましょう。
中学生の合宿気分で足腰を鍛えられますよ!
IMG_3933

 

別の場所ではだれ~も居ない白いビーチもありました。
IMG_3891

この、海ではなくてオンタリオ湖の向こうはアメリカなんだよ~なんて話をしながら
ガーデニング用のお土産に可愛い石ころをいくつか拾ったりして‥

 

ボートのレンタル屋さんではBBQセットの貸し出しもしています。
一式ボートに乗せて、こんなプライベートビーチでBBQやピクニックなんかができたら最高ですよね。
ピクニックセットを持参することが次回の課題となりました。皆さんもお忘れなく!
午後の4時間レンタルで一周以上回りつつ2か所で遊んできましたが、それ以外にもサンセットクルーズや一日レンタルもあります。

IMG_3980
※釣りをする方も多いとか。
ウォーターアクティビティの詳細はこちらからご確認ください 


水遊び以外ではゴルフも人気です。
折角ゴルフコース内にあるAirbnbに宿泊していたのですが、今回はゴルフコースビューのみ!を楽しみました。

IMG_E4044

早朝から沢山のゴルファーが集まり、ソーシャルディスタンシングで1人1カートに乗り込み、キャディーさんも含めると5台のカートが緑の芝生内で一斉に動き出すと、一瞬、軍隊が攻めてきたのかと思ったり笑


早朝散歩はしました。
ジブリ映画で使われそうな森への入り口をくぐってみると、

 IMG_4020


トトロでも湯婆婆でもなく、


IMG_4022

オンタリオ湖がいました。

沢山遊んだ後は、お腹が空きます。
と言うことで、次回はグルメ編です♪

その前に、今週末は3連休!!素敵なロングウィークエンドをお過ごしください♡


 

☆ブログランキングに参加中です。どちらかにクリックお願いします(^^)/


カナダ(海外生活・情報)ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

★よかったら読者登録をお願いします。

カナダ生活 お酒と共に~モザイク文化の魅力 - にほんブログ村

☆カナダ旅行・生活に関するご相談..etc★
こちらまでお気軽にお問い合わせください(^^)
=>> canadasantelife@gmail.com

KANTEN CANADA 500x282