とても静かな週末

トロントは8時くらいまで明るくなりました。
桜はこれからですが、日照時間はどんどん長くなると私自身も冬眠から目を覚ましてきたのを感じます。パティオが気持ちよくていつまでも外で過ごしたくなるあの季節が近づいてきたんですよ~。

運動もしたいです。
今日はThe Under Armour Spring Run-off マラソンがハイパークで行われましたね。3年ぶりに!
コロナでだいぶ鈍くなった身体を整える為にも又5Kラン申し込もうかな。
今年はタイムを気にせずに(申し込む以前から言い訳を。。)。

2018年はルルレモン10Kランに出たんだから!と自分を奮い立たせて。

ゴルフも今年はどれ位できるかな。バレーボールも一緒にしてくれる仲間が居れば公園に張れるネット買っちゃうのになぁ

そんな楽しい想像をしながら今週末はおうちで静かに。
心身共に慌ただしい最近の生活を落ち着かせる為にも必要な時間です。

と言うことで、今日は少し前に訪れたブルーワリー情報を思い出しながらご紹介します。食事メインで訪れる価値ありのブルーワリーがダウンタウンイーストにあるんです♪


Avling Kitchen & Brewery

IMG_0824
IMG_0842

オシャレなベーカリー&カフェのような佇まいのブルーワリーはクイーンイーストにあります。
この辺一帯はよい意味での危険地帯!




などなど、徒歩圏内にブルーワリーが沢山。はて、何度通ったことか。

注目すべきAvlingの特徴は、
ビールやビールに合わせた料理のほとんどがローカル食材を使用しているところ。
ビールの原材料を見ると99%がオンタリオ産って書かれているんです!
・・・では残り1パーセントは?

「塩」

とっても正直で素敵なお店なんです♡


注目のお料理たち

IMG_0832
書かれたメニューからは想像できなかったスウィートポテト、
パリパリ昆布やイクラ、シイタケまで飾られて和の要素がたっぷりプラスされていました。
ブルーワリーでこんなビューティーフードを食べられるのは珍しい。

IMG_0834
もちろんビールの為のおつまみも。
メニューリストでは、ベイクドフレンチオニオングラタンって書かれていたんです。
何となくオニオングラタンスープを想像していたらボリューミーなプーティーンが登場したからビックリ。
とろ~りチーズがたっぷり乗ってボリューム満点、なのに手が止まらない危険なおつまみです。

IMG_0835
牛のタルタルもあるんです♡
いつもなら赤ワインに合わせたいところ、添えられたトリュフチップスがビールを誘います。

Untitled

ビアフライトがなかったのは残念でしたが数種類を皆で飲み比べ。
ピルスナーやIPAを試したところ、全体的に少し酸味を感じました。
もしかしたら、オンタリオ産のイーストは酸味が強いのかなと。


最後に

Avlingの屋上には4,000-square-footにも広がる菜園があります。
見学もできるのでこれからの季節だったら様々なローカル野菜を見れますね。
チャンスがあれば地下のお手洗いへ向かう階段をちょっと登ってみてください。
きっとブルーワリーに対するイメージが変わると思います。

IMG_0837
IMG_0831

今回もついバーメニュー中心で出来上がってしまったのですが、
スターターやメイン料理もしっかりあるので、お料理目的で訪れるのもアリです。

お野菜もたっぷり使われた料理の数々をブルーワリーで♪
幸せの時間でした♡

IMG_0840



☆ブログランキングに参加中です。どちらかにクリックお願いします(^^)/


★よかったら読者登録をお願いします。

カナダ生活 お酒と共に~モザイク文化の魅力 - にほんブログ村

☆楽天ルーム始めました♡ 詳しくは こちらから。

★カナダ旅行・生活に関するご相談..etcお気軽にお問い合わせください。
=>> canadasantelife@gmail.com

LVUF2695 600x300