忙しく11月がスタートしました。

IMG_E8253

このままだと紅葉すらゆっくり見に行けない!
焦ったところでどうしようもないことなのに。また、来月になったら師走だと焦るはず。。
って来月はもう2021年最後の月なんですね!もー信じられません。

そんな時でも特別な日はその日にお祝いしたい!と週の初めから慌てて外食をしてきました。(あれ、また焦ってる?)


Lee Restaurant

IMG_E8255

カナダが誇るセレブシェフSusur Lee氏(李國緯氏)のレストラン、
トロントで食に興味がある方なら絶対に知っているお店と言ってもおかしくない位有名なレストランです。
香港出身のカナディアンシェフLee氏は、今世紀の10人のシェフの一人として選ばれた凄い方(Food & Wineマガジンにて)。
Iron Chef America(料理の鉄人 in America)でもその名を轟かせました。

そんな彼が手掛けるレストラン Lee Restaurantでは、アジアン・フュージョン料理をお洒落にいただくことが出来ます。


店内の雰囲気

IMG_E8256
薄暗い店内で巨大なバーカウンターが妖艶な光を放ちます。

シンガポールにもレストランがあるようで、きっと同じ様な雰囲気なんだと思います。
香港ともシンガポールとも言えるアジアのハイエンド感が漂っていました。

IMG_E8295
IMG_E8303
そろばんの壁?

IMG_E8296
King West沿いにパティオ席も広々と設けていました。

いつもの様に最後の客となったお陰で店内の雰囲気はちゃんと写真でお伝えすることができました笑


シグネチャー料理の数々

IMG_E8278
IMG_E8287

シグネチャー料理の中でも代表作がこちらのSingaporean Style Slaw
サラダがシグネチャーなんだ!?とちょっと驚きましたが食べたら納得♪
美味しかったです♡

単品で注文すれば写真の4倍位の量が大皿で運ばれてきます。
今回は初めての訪問だったので、お店自慢の料理を少しずつ食べれるコース料理にしました。
そして、このサラダはアペタイザーのセットとして小分けされていました。
それでも充分にボリュームがあったんです。

その理由は、
20種類の材料が使われていて歯ごたえや色んな味や香りを楽しめるから。
特に上に高く盛られたタロイモのチップスは絶妙な歯ごたえ。
梅ドレッシングもエディブルフラワーもナッツもどれもが上手に調和されています。

ヴィーガン&グルテンフリーなのも人気の理由ですね!

IMG_E8285
個人的に一番感動した味がこちら。
ヘタな写真で分かりにくいけどオイスターショットです。
SAKE出汁の中にフレッシュなオイスターとイクラが入っていてツルっといただける逸品。

我が家の生牡蠣はいつもレモンとホースラディッシュで。それが一番美味しい食べ方だと思っていました。しかし、酒入り出汁の中に閉じ込めてシューターとして食べる生牡蠣も大あり!
貝殻に乗せて綺麗に盛り付けする必要がないから手間も減るし♪
真似して作ってみようと考えています。

IMG_E8324
IMG_E8326[1]
フォアグラのバオを手掴みでほお張ったり、具沢山な点心にこだわりの出汁醤油をかけてくれたり。
食べるって幸せです。


デザートまで

IMG_E8301

こちらのチョコレートヌガー餅もシグネチャー料理の一つ。
沢山の食材が組み合わさっていて、私には正直よく分からなくなっていました。
お腹がいっぱいで。。。
でも、見た目だけでも満足させてくれます♡


最後に


メニューは基本アラカルトですが、1品1品の量が多いので注意が必要です。
2人で2、3品がちょうどいい量だそうです。
色々な種類を頼みたい場合は、4人位のグループで訪れるのがいいかもしれません。
あと、薄暗いから折角の芸術的な盛り付けなのにはっきりチェックすることができません。その分、雰囲気はいいんですけどね。

皆さんも、よかったら記念日等でLeeさんのアジアン・フュージョン料理を食べに行ってみてください♪

IMG_8308[1]



☆ブログランキングに参加中です。どちらかにクリックお願いします(^^)/


★よかったら読者登録をお願いします。

カナダ生活 お酒と共に~モザイク文化の魅力 - にほんブログ村

☆楽天ルーム始めました♡ 詳しくは こちらから。

★カナダ旅行・生活に関するご相談..etc お気軽にお問い合わせください。
=>> canadasantelife@gmail.com

LVUF2695 600x300